脱毛 豆知識 ランキング

女子として、女性として綺麗でありたいと思うのは普通のこと。

 

一生懸命努力をしても方法が間違っていればもったいないです。
正しい美容方法を知って自分にピッタリな美容方法選んで、もっときれいな明日を─。

 

【クレンジング】まずは毎日行う事から─。

毎日行うクレンジング、なにか気をつけていることはありますか?

 

クレンジングはお化粧・メイクを落とすのが目的です。

 

メイクを落とす際に気を付けておくべきことが2つあります。

 

  • アイメイクなどのポイントメイクをまず落とす
  • 顔の全体を一気にクレンジングしていませんか?

     

    まずはアイメイクなどのポイントメイクをオフすることから始めましょう。
    どうしてアイメイクを一番にオフするかというと・・・
    顔全体を一気にクレンジングしていまうと、アイメイクで使ったお化粧が顔全体に行ってしまって、顔全体に色素沈着してしまう恐れがあるからです。そうすると、気分が悪いわけでもないのに顔色が悪く見えてしまいます。

     

    まずアイメイクをクレンジングで落として、ティッシュやコットンでふき取ってから顔全体のクレンジングをするようにしましょう。

     

  • こすりすぎないようにする
  • これも重要な事です。

     

    しっかりメイクを落とそうとおもうと、どうしても指先に力が入りがちですよね。
    でも強くこすってしまうとお肌が傷ついてしまい、肌荒れの原因になってしまう恐れがあります。
    さらにはシミを作ってしまう原因の1つにも、、。

 

【洗顔】まずは毎日行う事から─。

毎日行う洗顔で気を付けていることはありますか?

 

洗顔にも気をつけておくべき事があります。
しっかり気をつけていないと、肌トラブルの原因になってしまうので要チェック!

 

  • 洗顔で使うお湯はぬるま湯で。
  • いつも洗顔をする時、熱いお湯で洗っていませんか?

     

    顔のお肌はとってもデリケートです。熱いお湯を顔にかけると、顔が乾燥しがちです。
    理想は30度程度のゆるいお湯。
    湯船であたたかいと言われるのは40度前後です。
    湯船の熱いお湯はつかわないように!

     

  • 洗顔も強くこすりすぎてはダメ!
  • 肌に刺激を与えると、シミができたり色素沈着をしたりと肌トラブルになる可能性があります。

     

    洗顔ネットなどでキメの細かい泡を作って、優しく洗顔するようにしましょう。
    手と顔の肌が触れるか触れないかくらいでふわふわ洗いましょう♪

     

  • 直接シャワーを顔にかけるのはNG!×
  • シャワーを直接顔にかけないで!
    シャワーからのお水も刺激の1つになってしまいます。
    乾燥してしまう原因になりますのでご注意を。

     

    ベストなのは洗面器にぬるま湯をためて、手ですくって顔にかけましょう。